クリーニングの流れ

スマホバッグクリーニングを行う前にしなければならないことがあります。まず、持ち込む前にバッグの状態を必ず、チェックしましょう。スマホで写真を撮影しておくと良いでしょう。そして汚れのヒアリングは大切です。そのときに料金も確認しておくことが大切です。汚れの種類によって、クリーニング方法も変化しますので、依頼する店舗が革製品に対応しているかのチェックを行っておきましょう。出来上がりの基準は1週間以上、目安として考慮しておくことが必要となります。

バッグクリーニング店を選択する3つのポイントを挙げてみます。家から近い、そして、価格が安い、仕上がりが早いという諸条件だけで選択してはいけません。大切なことは自分の求める汚れに対しての施術方法です。この諸条件での選択は後々、トラブルを起こしかねない要因となります。

事前のヒアリングも大切です。クリーニングトラブルも多くが依頼者、クリーニング屋さんの点検不足といわれています。クリーニングに出す前には、預ける革バッグの状態を良く確認しておく必要があります。事前確認、見積もり及び注意点を良く確認しておきましょう。大切なバッグを預けるわけですから、信頼、技術、実績が豊富な店舗を選びたいものです。ただ、その諸条件は店の外観やホームページではなかなか確認することはできません。口コミを基に信頼性を集めている店舗を選ぶことが大切です。バッグクリーニングは慎重に行うべきだといえます。

【参照HP】バッグ クリーニング

店舗でのクリーニング

どんなに高級な革バッグでも、汚れやしみが目立ってしまっては高貴な雰囲気が台無しになってしまいます。クリーニング店ではどのような工程で進めていくのでしょうか。まず、風で細かいゴミやほこりを吹き飛ばします。クリーニングをする前の革バッグには細かいゴミやほこりが溜まっています。そのため、水洗いをする前にゴミやほこりを飛ばす必要があります。

ブラシそして、ブラシに溶剤を付着させ、擦ります、革製品は繊細性を持ち合わせているため、店舗独自の溶剤を使用しています。生地の種類によって独自に開発された溶剤です。バッグの表面を洗っていくのですが。革の形に合わせて毛は動いていきますが、汚れは次第に取れていきます。

洗い終わった後はバッグを保湿剤に浸けます。この保湿剤も店舗独自で配合し手いる店舗が多いでしょう。革製品の栄養剤と考慮しても良いでしょう。この工程は非常に大切なものです。革に必要な油分も洗い流してしまうため、そのまま乾かしてしまうと、乾燥してしまいます。メイクと一緒で、肌を保湿させると良い効果を生みます。その良い効果を生むために。保湿剤を使用するのです。

最後にタオルでざっと拭いた後に、細かい水分を飛ばしていきます。金属部分には特に注意が必要です。金属に水分が残存していると、サビの原因となってしまい、すべてが台無しになってしまうからです。これで、終了となりますが、クリーニング店でのバッグクリーニングは注意しないといけないことが多いといえます。

自宅で手入れする方法

革製バッグのバッグクリーニングを回避する方法があります。それは自宅で定期的にお手入れをすることです。そのことで、汚れやしみを除去できます。すぐに拭き取ることで、ついたばかりの汚れや水分に対応することが可能となりますし、群れた後には陰干しを行えますほこりやゴミも付着したままだと、菌の繁殖や汚れを施します。ブラシを使用して、落としましょう。

クリーム革バッグは乾燥してしまう面も持ち合わせています。専用クリームを定期的に塗布することも大切でしょう。とにかく、こまめにお手入れを行うことで、汚れが付きにくくなります。バッグが傷んでいくことはよごれの影響だけではありません。長期間使用していると、色褪せという状態が発生します。そのため、保管する場所にも注意しなければなりません。

通気性も大切です。通気性が悪いと、革バッグにカビが生えるという最悪な状態を招きかねません。革製品を綺麗な状態に保つためには多くのことを守らなければならないので、大変だということが理解できるでしょう。気を遣っていたのに、汚れていたというケースももちろん、あります。使用していくうちに汚れていくことはある意味、覚悟しなければならないことといえます。そんなときこそ、バッグクリーニングの出番なのです

バッグクリーニング

鞄革やキャンバス、ナイロンのバッグは普通、クリーニングすることができません。お気付きだと思いますが、革は水洗いできませんので、洗濯表示も存在しません、クリーニングしたいと思ったときは、専門店に任せるべきです。バッグクリーニングの専門店であれば、革製のバッグでも引き受けてくれます。

専門店には革製品をクリーニングする専門の職人がいて、バッグの素材や形状を見て、どのような方法を選択すべきかを見極めます。そして、シミやカビを丁寧に落としていきます。現在は宅配で引き受けてくれる専門店も存在しています。よって、どのお店がクリーニングに適しているのかを見極める必要性が生じてきます。ただ、宅配の場合は、自宅にいながらもすぐに依頼を行えるので、利便性が高いといえるでしょう。

専門店ではバッグを洗濯するだけではなく、洗っても落ちないしみや傷を見えにくくする色修正も行っています。破損した革製品の修理も引き受けてくたり、撥水加工や消臭加工も行ってくれますので、便利です。革バッグにおいては、革製品の中でも。繊細性が強く求められます。そのため、自分で行えることも可能ですが、なるべくなら、クリーニング店に依頼した方が様々なトラブルを回避することが可能となります。

種類や素材、汚れの状況、革の特性などを総合的に判断し、最適なクリーニングを行うには、専門知識、技術、経験が必要となります。大切な革バッグが無残な状態となる前に、クリーニングに出しましょう。それが賢明な方法です。リスクが存在するからこそ、洗濯表示は付いていないのです。