店舗でのクリーニング

Pocket

どんなに高級な革バッグでも、汚れやしみが目立ってしまっては高貴な雰囲気が台無しになってしまいます。クリーニング店ではどのような工程で進めていくのでしょうか。まず、風で細かいゴミやほこりを吹き飛ばします。クリーニングをする前の革バッグには細かいゴミやほこりが溜まっています。そのため、水洗いをする前にゴミやほこりを飛ばす必要があります。

ブラシそして、ブラシに溶剤を付着させ、擦ります、革製品は繊細性を持ち合わせているため、店舗独自の溶剤を使用しています。生地の種類によって独自に開発された溶剤です。バッグの表面を洗っていくのですが。革の形に合わせて毛は動いていきますが、汚れは次第に取れていきます。

洗い終わった後はバッグを保湿剤に浸けます。この保湿剤も店舗独自で配合し手いる店舗が多いでしょう。革製品の栄養剤と考慮しても良いでしょう。この工程は非常に大切なものです。革に必要な油分も洗い流してしまうため、そのまま乾かしてしまうと、乾燥してしまいます。メイクと一緒で、肌を保湿させると良い効果を生みます。その良い効果を生むために。保湿剤を使用するのです。

最後にタオルでざっと拭いた後に、細かい水分を飛ばしていきます。金属部分には特に注意が必要です。金属に水分が残存していると、サビの原因となってしまい、すべてが台無しになってしまうからです。これで、終了となりますが、クリーニング店でのバッグクリーニングは注意しないといけないことが多いといえます。